風のたより
好きなことをしながらゆったり過ごしたい
片付け

洋服ってなかなか捨てられないよね

洋服の片づけ方

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

管理人のかざひなです。

厚手の服がクローゼットを占拠し始めました。

といっても、今の管理人はオールシーズンの服がクローゼットに収まっているので、

春夏秋冬変わり映えのない状態だったりします。

分かりやすい。

でも、こんな状態に出来たのもお金を意識し始めたからなんですよね。

お金を意識し始めたら大なり小なり住まいの環境が気になってきます。

管理人が真っ先に気になったのは洋服の多さでした。

だって洋服って捨てられなくない?

少しへたったぐらいだったら部屋着に出来るんじゃない?

これ結構高かったしまだ着れるでしょ?

……などなど。

少しでも当てはまった方いらっしゃいますか?

このブログで少しでも洋服の持ち量を見直すきっかけになれば嬉しいです。

結論:洋服の持ち量を見直すと行動力が出る

友達と遊びに行く、急に出かける事になった。旅行に行くことになった。

そんな時には洋服を選ぶことになると思います。

何を着ていこうかな。どれを着ていこうかな。

そんな時、自分のクローゼットから洋服を選ぶことが出来ますか?

着たい服がすぐに見つかりますか?

組み合わせがすぐに決まりますか?

管理人はまったく決まらないし、見つかりませんでした。

クローゼットに入りきらないから買った水平ハンガーにもたくさん服が掛かってるのに。

何を着ていいかも分からず出かけるのも面倒くさい。

でも今は急に出かける事になってもすぐ行ける。

出かけるのが楽しみになりました。

服を全部部屋の一角に出す

服を全部部屋の一角に出しました。

一着たりとも残らずです。高いのも安いのも。

着てるのも着なくなったのもすべてです。

下着も何もかもぜんぶ。

そして積みあがった洋服の写真を撮りました。

客観的に洋服の量を見るためです。

これでクローゼットが綺麗になりました!物理的に。

一週間暮らす

一週間暮らしてみます。

必然的に必要なものを選び取ることになります。

選んだものはクローゼットにしまっていきます。

1週間暮らして分かったこと

1週間で必要な洋服の枚数

自分がよく着る服のタイプ

これは、自分が最低限必要な服です。

そしてこの服があれば問題ないということ。

これで満足した方はお疲れさまでした。

他の服とはお別れしましょう。

1か月暮らしてみる

1か月暮らしてみると洋服の山が気になってきます。

管理人はそこで山になった洋服とお別れしました。

なんか……着たくないと思ってしまったんですよね。

一応、冠婚葬祭用の服は救出した。

けど……他の服は……というかその間に服を買ってたりして笑

1ヶ月暮らして分かること

今まで持っていた服に魅力を感じるかどうか

続けると自分に似合う服でいっぱいになる

特別なことは何もしていません。

必要な服を選ぶ一週間

自分が好きな服を選ぶ一か月

そうするとおのずと自分に似合う服や好きな服が残っていく

ただそれだけです。

そうすると後悔なく今の自分にはいらない服とさよならすることが出来ます。

好きな服やお気に入りの服はお手入れも苦ではありません。

あとはそのスッキリしたお気に入りの服しか入ってないクローゼットを維持するだけです。

服はいつの間にか増えていくので定期的な見直しが必要です。

このあたりはまた別の記事で書けたらいいなぁと思います。

オシャレ大好きフランス人、意外に服を厳選して持っているようです。

服に対する考え方の参考になりました。

読んでくれてありがとう。

ブログ村に参加しています。よければポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ