風のたより
好きなことをしながらゆったり過ごしたい
株式投資

ドルでMMFを買い増しした話

ドルでMMFを買い増しした話

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

管理人のかざひなです。

つい最近、米国ETFの分配金が手に入りました。

ETFに関してはドル入金です。

お、これはドルでMMFに突っ込む機会なのでは?

そんなこんなでMMFをドルで買い増ししてみました。

改めてMMFとは

外貨建てMMFとは、外貨で運用される投資信託のひとつで、MMFはMoney Market Fundの略です。主に米ドル建ての商品があります。格付が高い、短期の国債や地方債、社債などで運用されるため、比較的安全性が高く、その通貨の金利水準が運用成績に反映されると考えられます。

売買手数料はかかりませんが、円から外貨、外貨から円に交換するための為替手数料が必要です。また、保有期間中には、信託報酬がかかります。

SMBC日興証券より

外貨で運用される投資信託。

管理人は楽天証券でMMFをしてるから日本円からも買えるけど、ドルでも買える。

外貨建てMMF楽天証券より

手数料はどうなっているんだろう

管理人はこの楽天証券の表を見たときに、円で積み立てる時はスプレッドがかかるけど、ドルで積立の場合は無料なのかな?と考えました。

だから、ドルで購入しようと思ったのですが、実際はどうなんだろう。

SPYDの入金額をまるっと投入してみました

1個買ったら30個。とか言ってる場合じゃない。

どうにか減らさねば。

ドルで買い増しする分には手数料はかからないようですね。

MMFをドルで買い増しした理由

元本保証とはいきませんが、小さくとも何かしらの利息が出るというのと、ドルで買う分には感覚的には日本円の貯金みたいなものかなと。

ただドルで持っておくよりは、小さいリスクでドルを持っておきたい

円高円安がやっと分かってきたときに、「あぁ、お金も分散させておきたいなぁ」と思った訳です。

円で買うとスプレッドが発生するから、ドルで買ったよ

ドルはドルで運用する。

円は円で運用する。

出口をどうするかというのもあるけれども、ひとまずはそれぞれの通貨で管理しようと思った訳です。

貯めたMMFについて

老後と呼ばれる時期になるまでは、貯めたMMFで米国ETFを買うのが目的です。

現在、米国ETFは日本円で決済をしております。

そうすると、一旦ドルに変換して(為替リスクが発生)株を買うということが起きる訳です。

でも、ドルで運用しているものはドルで買ったら、買うときの為替のリスクないじゃない?

楽天証券だと、MMFからも米国ETFが買えるので、もらった分配金はMMFから引っ張ってこようかなと。

MMFでドルを保管。米国ETFをMMFで買う。

この感じだと、米国ETFの分配金は老後資金に回す感じになるのかなー。

投資初めて3年近くになりますが、投資の考え方というのは変わってくるものですねぇ。

一貫してるのが良いのでしょうけど、「私も働いてるんだからお金も働け!!」から始まった管理人は一貫したものがないまま投資を始めています。

まぁ「私も働いてるんだからお金も働け!!」の考え方は今でもそう思うので、一貫しているったらしているね。

MMFを始めたきっかけ

MMFを崩してETFを買ったらどうなるのか

読んでくれてありがとう。

ブログ村に参加しています。よければポチッとお願いします。

にほんブログ村 投資ブログへ

MMFを始めたきっかけはこちら