風のたより
好きなことをしながらゆったり過ごしたい
片付け

物を手放すことで得られる効果5選

物を手放すことで得られる効果

朝夕寒くなってきたみなさまいかがお過ごしでしょうか。

管理人のかざひなです。

以前の管理人であれば朝が来れば「布団から出たくない」とか「会社行きたくない」とか「だらだらしていたい」と思い始めている季節でした。

ですが、今の管理人は違います。

起きたらカーテンを開け、日の光を堪能しつつ、動画でお金の勉強をし、「週休4日にならねぇかな」と言いながら1日の予定をざっくりと立てる。

そんな状態になりました。

「会社行きたくない」から「週休4日にならないかな」って結構な心境の変化だなぁと自分では思います。

そんな変化があったのも物を手放すことが出来たからです。

今回は物を手放すことで得られた効果についてお伝えしていきます。

結論:上手に物を手放すことができると幸せになる

自分と向き合って物を手放すことが出来たなら、そこには充実感と幸福感が生まれます。

なんかね、心底スッキリするよ!

そしてそこに流れる空気が違う。淀んでない。

ただ捨てるだけでもスッキリはするんだけど、自分と向き合って手放すと余計なものが入ってこない。

だから、疲れて帰ってきても、ほっとする空間になってます。

物を手放して得られる効果

落ち着く

最初に実感したのは部屋にいると落ち着くなぁという効果でした。

前までは部屋は寝るだけの状態でしたが、今は部屋で本を読んだりストレッチをしたりと、部屋で過ごすことが多くなりました。

疲れて帰ってきても、部屋に行くとほっと一息。

整った部屋をぼんやり眺める時間さえできました。

自由な時間が増えた

物が少ないと物を管理する時間が減るので当然自由な時間が増えます。

具体的には1日1~2時間ぐらい増えます。

大きな要因は2つあります。

掃除がしやすい

物が少ないと掃除がしやすいです。すぐ手に取れるところにコロコロやはたきを置いて置けば汚れに気がついた時にささっと掃除することができます。

仮に物が出ていたとしても、収納場所がぎゅうぎゅうに詰まっていないので、さっと戻すことが出来ます。

あまりに簡単に掃除が出来るので、ここ数年は大掃除という概念がないですね。

物を探し回ることがない

物がたくさんあるときは「どこに置いたっけ……」みたいな感じで長い事探し回ったあげく結局買う。そして、買った後に見つかるという無駄なことを繰り返していました。

物を手放してすっきりした部屋は探し回ることもないので、秒で取り出すことができます。

常にお気に入りのもので囲まれている

不思議と部屋にはお気に入りの家具やインテリアや小物しかなくなります。

物がたくさんあった時代には考えられなかった「生花を飾る」ということさえできています。

お花は良いですね。気持ちが穏やかになるし幸せな気持ちになります。

気がつけば雑誌にのっているようなインテリアの完成です。

インテリア

テーブルの一角にあるインテリアコーナー

麻シェードのテーブルランプがお気に入り。

北欧雑貨が置いてある店で見つけたポストカードをフレームに飾ってます。

秋の季節のポストカードがないので探してます。楽しい。

お金が増える

これね、みんな言ってますよね。お金が増えるって。

管理人は半信半疑でした。

物手放したら欲しいもの買いたくなるじゃん??

というか手放したら雑誌で見たあれもこれも買いそろえたいんだけど???

そんな気持ちでした。

実際ね、お金増えるというよりもお金を使わなくなるが正しい気がします

不思議と正しく物を手放すことができると「とりあえず買う」という行為が無くなるんですよね。

安いから買う、たぶん入るから買う(収納家具、収納用品、テーブルなど)、

特売だから買う、探せなかったから新しいものを買う…など

これらの行為は全くなくなります。

むしろ「たぶん」という気持ちで買いたくなくなります。

行動しやすい

物に溢れていた時代は何か行動を起こすのが面倒でした。

変わりたくない、動きたくない。

でも、物が少なくすっきりした部屋は出かける準備も5分で終わります。

服も1軍のものしかないのでぱぱぱっと選ぶことが出来ます。

テーブルは何も置いていない状態なので、思いついたことがあればすぐに取り掛かることができます。

テーブル

部屋のニッチスペース

壁紙をはがし漆喰を塗りました。

理想のテーブルがなかったので、ホームセンターで板を買い作りました。

お気に入りの場所です。

クローゼット

クローゼット

こちらも壁紙をはがし漆喰を塗りました。

扉は外してオープンにしてます。

急なおでかけでも5分もかからず準備ができる最強のコックピットです。

洋服の手放し方が分からないよーという方はこちらの記事を見てみてください。

最後に:物を手放す前に理想の暮らしを見つける

実はここが一番重要です。

管理人は何回か片付けをしようと心がけてそのたびに挫折しました。

理想の暮らしに近づこうとするのではなく、なんとなく片付けないといけないという気持ちで動いていたから挫折したのだと思います

ちなみに、「この雑誌のような部屋にしたい」などの理想を叶えようとしても、物を手放すことはできませんでした。

なんとなく片付けないと…という気持ちで行動すると、

収納用品や収納家具が増えるだけです。

なので、雑誌を参考にする時はその人がどんな暮らし方をしているかというのを見てみてください。

因みに管理人は門倉多仁亜さんの暮らし方を参考にしました。

居心地のいい暮らしやすい部屋を負担なく維持できて、疲れて帰ってきてもささやかな楽しみが生まれる空間。

管理人はそんな暮らしが理想です。